HOME > 指導理念

空手道正樹道場について・・

空手道正樹道場とは、2008年12月10日、竹中正樹代表が自ら創設した実戦空手(フルコンタクト空手)の道場です。
直接打撃制を取り入れた稽古を通じて自分自身が痛みを知る事で、相手の思いやる優しさや、弱い者を守る正義の心や、決して戦いから逃げない精神力を身につけるための道場です。

少年部においては、礼儀礼節、忍耐力、親孝行の精神などを養い、日常の学校生活においても役立つように指導していきます。いじめの問題にも取り組み、いじめをしない・いじめに負けない・いじめを見過ごさない、この勇気を、空手道を通して身につけてくれることを強く願います。

一般部においては、強さはもちろん、健康管理のダイエットとしても活用してもらい、個人個人の目標に合った人生に役立つ空手を目指します。

正樹道場は、空手道を通して、共に汗を流す仲間と協力し、助け合い、目標達成に向かって一致団結して励み、強い絆を築きあげられる人間を育てることを目的としております。

空手道正樹道場代表竹中正樹

フルコンタクト空手とは・・

実戦性を追及して生まれた直接打撃の空手です。素手、素足による攻撃は認めますが、顔面への突きは禁止しております。
稽古はサポーターやヘッドガードなどを装着するために安全に稽古を行えます。

加盟団体

北陸フルコンタクト空手協会・JKJO中部地区・武神・WKO世界組手連盟